33歳 転職 未経験

“33歳というタイミングで、未経験の職種が検討されるケースも多いです。今までは営業職として働いていたものの、製造や技術という職種に転職するケースもあるでしょう。33歳ですと、時間は少々限られてきます。しかし上手く行動すれば、間に合う年齢層でもあります。過去の経験は、1つのポイントになるでしょう。

30代後半という人事選考の基準

一般企業では、年齢を基準に人事選考を行っている傾向はあります。やはり年代層が高い方々は、採用が少々厳しくなる事も多いのです。企業側の年齢調整などの問題もあり、若い人材が積極採用される傾向は、確かにあります。
それで多くの企業には、30代後半かどうかという基準があるのです。36歳以上の年齢ですと、少々厳しく人事選考を行う企業も珍しくありません。
しかし33歳という年齢なら、また30代後半には達していないのです。残り2、3年程度という制約はありますが、頑張れば採用される事も多い年代層です。

たとえ未経験でも33歳なら採用される

ところで企業側としては、業界経験がある人材を優遇する傾向はあります。例えば製造業の企業ですと、製造業務の経験がある人材を積極採用している事も多いのです。業界経験があれば、製造の現場で活躍してくれると見なすからです。
しかし33歳という年齢なら、たとえ業界の経験がなくても、問題なく採用される企業も多いです。30代後半で未経験は厳しいですが、33歳ならまだ若いと見なすからです。

33歳までの職務経験は重視される

しかし33歳で異業種への転職となると、やはり過去の経験も重視されます。20代から33歳まで営業職として働き続けていた場合、それなりに経験も積んでいると見なされるのです。
上述の製造業の企業からすれば、製造は未経験ではあります。しかし33歳まで営業として働いていた場合、それなりに経験も積んでいる筈です。人事選考では、その経験も重視する訳です。
ただ今まで一度も転職を経験した事がなければ、過去の経験をアピールするのは、少々難しく感じられる事もあるでしょう。ですから33歳の方々は、まず人材会社に登録をして、転職に臨んでいる事も多いです。人材会社は、転職に関する多彩なサポートをしてくれるからです。”
“33歳で転職する場合は、今までの経験をアピールする事が、1つのポイントになります。20代の方々には無い経験を、アピールしてみるのは有効です。また33歳ですと、応募できる企業は若干限られてきます。そのため人材会社に登録するのは、有効です。

20代よりは少々厳しい33歳

33歳という年代層で、未経験の業種に転職をする事自体は、大いに可能です。企業側としては、33歳なら十分に若いと見なしてくれる事も多いからです。
しかし20代の方々と比べれば、やや不利になる一面もあります。年齢の若さが一因です。
多くの一般企業では、若い年代層の方々を積極採用する傾向があります。年齢が若いなら、十分に可能性があると見なすからです。その年齢という要素に着目すれば、33歳は20代の方々よりは不利になるでしょう。

20代と違って経験があるという強み

ところで33歳という年代層ですと、それなりにキャリアを積んでいる方々も多いのです。それは、33歳の強みの1つになります。
確かに年齢という基準だけに着目すれば、20代よりは不利になるでしょう。しかし33歳の方々には、経験という武器があります。20代の方々よりは、多くの業務経験を積んでいるからです。
したがって33歳の方々が転職に臨むなら、やはり今までの経験をアピールする事になるでしょう。33歳までに、何らかの仕事を経験しているなら、それは十分にアピール材料になります。たとえ未経験の業種に転職する時も、それは十分にアピール要素になります。

人材会社への登録がおすすめ

ただし33歳という年齢ですと、応募できる企業が若干限られる一面もあります。やはり若い人材を確保したいと望んでいる企業は多く、20代の方々よりは、求人数は若干少なくなるでしょう。
このため業界未経験で転職をするなら、人材会社への登録が推奨されます。人材会社は、多くの非公開求人を抱えているからです。33歳でも応募できる企業の情報も、沢山抱えています。しかも転職に関するサポートを受けられますし、登録を検討すると良いでしょう。”

参考サイト:転職KING